読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然なるままに本を読むモノの足跡。

私が読んだ本の感想などを書き連ねていくブログです。ネタバレを多く含む可能性があるため、十分にお気をつけ下さい。

ライアーライセンス

ライトノベル 電撃文庫

ライアー・ライセンス (電撃文庫)

ライアー・ライセンス (電撃文庫)

 表向きはエリート校だが、実は現代の義賊「怪盗」の素質である<機能(システマ)>を持つ者だけが入学可能な「森ノ宮学院」。
 その学院へ兄の名で入り込んだ少年・杉崎渉。彼は代々、大怪盗を輩出する杉崎家の双子の弟として生まれながら怪盗の能力が発現されず、分家から蔑まれてきた。彼の兄・八尋も能力の発現はなかったが、類稀な嘘の才能を発揮、周囲を欺き怪盗を目指していた。だが、ある事件により志半ばで他界してしまう。渉は兄に代わり、能力者たちを見返すため怪盗になることを決意するが……。
 第16回電撃小説大賞・4次選考作家が完全新作で贈る、偽りと真実が絡み合う学園怪盗ファントミック・アクション!

 学園異能力バトルはラノベの題材として多いが、それ加えた「怪盗」という要素と、主人公が無能力であるというところに興味を持って手に取った作品でした。しかし、序盤で主人公が無能力者ではないと分かること、その能力がわりと早く顕現してしまうことで肩透かしを食らった形になり、どうなんだろう?と読み進めていきましたが、結局、その気持ちはあまり解消されず終わってしまいました。

 全体的にはまぁまぁ面白いかなーと思える作品でしたが、小さいところで引っかかりや物足りなさ、軸のブレみたいなものがあり、消化不良感が残りましたね。

 この作家さんの処女作であるということで、次回作に期待といったところ。