日々徒然なるままに本を読むモノの足跡。

私が読んだ本の感想などを書き連ねていくブログです。ネタバレを多く含む可能性があるため、十分にお気をつけ下さい。

神さまのいない日曜日3

神さまのいない日曜日III (富士見ファンタジア文庫)

神さまのいない日曜日III (富士見ファンタジア文庫)

百万都市オルタスを脱出し、荒野に戻ったアイ。青い車であてどない旅を続けるアイに、ユリーから思いがけない言葉がかけられる。「学校に、行かないか」学校―それは、かつて人食い玩具が通っていたという場所。期待と不安の中、ゴーラ学園という生者の学校に転入したアイだが、待っていたのは不思議な力を持つ級友たちと、鉄線に囲まれた奇妙な場所だった。そしてアイはそこで、アリスという少年と出会う。アリス・カラー―アイと“同じ夢”を見る少年と。15年前の“あの夜”以来、人は生まれず死者は死なない。これは、神様が捨てた世界で紡がれる、世界を救う夢を見る少女の物語。

「なら、そうすべきじゃないですか」

「夢があって、そうしたいと願うのでしたら、そう、すべきじゃないですか」

「夢って、そういうものでしょう?」

アイはこう言っているのだ。
夢には、命を懸けるべきだ。

 アイの語る話は夢を確定できてない、又は夢に命を懸けることのできない者にはひたすらに耳の痛いだけなのでしょう。耳が痛く、それを笑顔で語るアイを恐ろしく感じてしまうのでしょう。だから、あの場面でターニャは逃げ出した。壮大な夢という重圧を感じながら、ものともせず平然と前に進んで行こうとするアイはまぶしすぎるのでしょう。だがしかし、これはいずれ理解し、受け入れないといけない壁なのでしょう。逃げ続けることの出来るものなんて滅多にいない。それをどう乗り切るのか、それは人それぞれなのです。

さて、詳細ですが
 今回はユリーがアイに学校に通わせようとするが、そこは学校ではなく年少者矯正施設だった!?というところから話が動きます。元はこの学園は異能力が発現した年少者ための保護施設だったのだが、時代は流れ、年少者が少なくなると保護ではなく、大人の保身のための矯正施設に歪んでしまった場所でした。
 そんな場所でもアイは同世代の仲間を得ます。みな、何かしらの異能力を持ち、その場所に居た彼ら彼女らは「学園からの脱走」を決意したアイになんらか反応を示します。それもそうだ。彼らは学園の外に出たら異物で、疎まれる存在なのですから。アイはそんな彼らを初めは理解できず、自らの夢と正義を押し付けてしまいます。そして、それは彼らに、彼らの世界に拒絶され、アイはうろたえ、同じクラスのアリスという男子によって人それぞれ違うのだと理解させられます。そこから紆余曲折あり、アイは全て理解して、自分の夢を叫び、学園の外への脱出に成功するのです。しかし、それは一人ではない、「みんなを、救いたい」アイが「みんな」を見捨てるわけはありませんでした。そんなアイはユリーの予想とは違う形でしたが、学校で学ぶべきものを学び成長したのでしょう。この成長が次のどのように生きてくるのかがとても気になる展開でした。

次巻に期待!