読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然なるままに本を読むモノの足跡。

私が読んだ本の感想などを書き連ねていくブログです。ネタバレを多く含む可能性があるため、十分にお気をつけ下さい。

王手桂香取り!

 

 

 

王手桂香取り!  (電撃文庫)

王手桂香取り! (電撃文庫)

 

 

 

 

あらすじ

上条歩。中学一年。三度の飯より将棋好き。ひそかに憧れる人は将棋クラブの主将、大橋桂香先輩。そんな歩のもとに突如美少女たちが現れる。「私たちは、将棋の駒だ」そう言い放つ彼女たちは駒の化身だという。人知を超えた将棋の強さをそなえる彼女たちの指導のもと、歩は棋力をめきめき上げていく。折しも団体戦の大会が間近に控えており、歩は桂香先輩とともにライバルを打倒し、頂点を目指すべく奮闘する。第20回電撃小説大賞・銀賞受賞、駒娘たちと送る熱い勝負とさわやかドラマの将棋青春ストーリー!
 
感想
 
 まさか将棋要素を入れ込んでくるライトノベルが来るとは思いませんでしたね……「MA棋してる!」?知らない子ですね……。(実際読んだことはありません)しかも、ちゃんと将棋してるぞ、これ。それでいて電撃の銀賞だと……なんだこれ選んだんですかね!?(困惑)いや、僕には直撃してますけどね!?
 
 物語の全体としては純粋に王道な青春ラブコメでした。スポ根ラブコメのような感覚で読めると思います(ただし人を選ぶ)。将棋は映像的に動きのほぼ無い競技ではありますが、簡単に言えば競技者たちの頭の中であらゆる可能性を思考して、いかに相手より先を読むかの闘いなのです。つまり、今流行りの戦記物の軍師と同じく、将棋の指し手はその策略を戦場ではなく将棋の盤上で表現してるに過ぎないのです……と言っても将棋のルールが前提の話ですけどね。
 
 といいつつ、僕も将棋指しとしては初心者に毛が生えた程度の実力なので盤上試合は全部理解できてるわけじゃないですが、勝負中の逸りとか焦りとか悔しさとか共感できるところも多くてその辺を加味して面白かったと言えます。
 ただ文章はまるでナレーションを読んでるかのように薄いように感じましたね。
 
今後はどうなるかわからない、という意味で期待しています。