日々徒然なるままに本を読むモノの足跡。

私が読んだ本の感想などを書き連ねていくブログです。ネタバレを多く含む可能性があるため、十分にお気をつけ下さい。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7巻  感想

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7 ドラマCD付き限定特装版 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7 ドラマCD付き限定特装版 (ガガガ文庫)

 

修学旅行。それは恋愛とトラウマの多発地帯。

京都への修学旅行を前に、どこか浮き足立つクラスの雰囲気。文化祭以来、教室内でさらに微妙な立ち位置になった八幡だったが、最初から地位なんてないようなもんだしな、と我関せず。ところが、奉仕部に持ちかけられた意外な人物からの「恋の相談」。そこにはまた別の人物の思惑も重なって……。旅行は一気に波乱の予感。複雑な気持ちが渦巻き、答えを出せないまま八幡たちは京都へ。まちがっている青春模様は、まちがっているラブコメ=恋愛模様を生み出すのか。TVアニメ化を直前にさらに盛り上がりを見せるシリーズ第7弾。

 

 

アニメ化も間近な俺ガイル or はまち(正式名称ってどっちなの……)の最新巻です。これで渡航さんもアニメ化作家の仲間入り。きっとドクペみたいにMAXコーヒーが全国区になること間違いなし……?

さて、6巻の文化祭でのあれやこれやにより全体の株を下げながらも、奉仕部と読者の株を大幅に上げ、その期待が留まるところを知らない捻くれ者の八幡。今巻は修学旅行を絡ませつつのある人からの「恋の相談」。それ以外にも別の依頼が来たりして……?しっかし、ホントなんで修学旅行ってあんなにつらいんですかね。ド深夜の麻雀はうるさいわ、部屋に女子呼び込んでるの見つかったその余波で私が別の部屋で寝てたのバレて怒られるまじあいつらs(自主規制

ネタバレ含む感想は↓に収納。

 

 前々から散りばめていた戸部の海老名さんへの恋を応援してくれとの依頼。それと、その変化を感じ取った海老名さんからの今の関係を壊したくないという"相談"。その両方を引き受けた奉仕部……もとい八幡が出した答えは、「自分を含めない」現状維持だった。

 戸部の告白という関係を変える依頼と海老名さんの全体関係の不変という相談は相反するものであり、"良い人"葉山でさえ誰も傷つけない結論を見つけられず答えを出せないで苦悩していた、いやむしろ答えとしては海老名寄りすらあった。あの場では、戸部の告白こそが間違えた行動なのであろう。

 故の八幡の行動なのであり葉山の哀れむような謝罪は感謝されこそすれ、筋違いなのではないだろうか。まぁ、あの場で感謝されても八幡の羞恥と怒りは変わらないかもしれないが。

 そして、その後の雪ノ下雪野と由比ヶ浜結衣の言葉・行動はどちらも「嫌」というものだった。それこそ八幡が自分を蔑ろにした結論を出したことへの嫌悪であり、八幡への感情を抱えるであろう2人の感情を蔑ろにしたものでもあり、戸部の感情を蔑ろにしたものでもあり、と色んな人の感情をひっくるめて蔑ろにした結論であったからこその言葉であったのだろう。

 

と、色々書きましたが正直まだいい足りないことや、間違えて捉えていることばかりであると思います。消化不良気味ではありますが、これだけは間違いなく言い切れることがあります。

 

「戸塚かわいい」

 

では、次はできるだけ定期的な更新ができることを祈って。