読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々徒然なるままに本を読むモノの足跡。

私が読んだ本の感想などを書き連ねていくブログです。ネタバレを多く含む可能性があるため、十分にお気をつけ下さい。

横浜ダンジョン

ライトノベル 角川スニーカー文庫

横浜ダンジョン  大魔術師の記憶 (角川スニーカー文庫)

横浜ダンジョン 大魔術師の記憶 (角川スニーカー文庫)


○感想
世界各地でダンジョンが出現した世界である理由からダンジョンに身を投じることになった少年、黒鉄響と守るための強さを求める真藤春菜、己の欲のために強さを欲する坂霧彩。響は自分のために彼女たちを探索者ールーンハンドラーとして鍛え、その強さを求める気持ちを利用するが……というお話。

また瀬尾つかさはこういうことするー!
自分の最も愛する女性のために、ヒロインたちを利用するとかスカイワールドでやってたじゃないですかやだー!(歓喜)

これまたヒロイン増えてくパターンだと思うだけど、そのうちヒロインズが結託してハーレムに持ち込む感じかしら?主人公には既に相思相愛の愛する人がいるから、冬音を伝って正妻を落としてからが本番ですね……?
妹の流衣が響のことを知った時に一波乱ありそうだし、とても楽しみ。

ヒロインとしては坂霧彩が一番好みです。難しいことが苦手な脳筋娘だからなのもありますが、ダンジョンにもぐる理由が単純明快で好感が持てる。加えてそもそもビジュアルに撃ち抜かれてる。女の子が大剣担いでばったばったするとか燃えるじゃないですか……!

好きなライトノベルを投票しよう!! - 2015年上期

ライトノベル 雑記

投票最終日がばたばたしてしまったので、取り急ぎ投票できるだけのエントリで。後日、感想などを追記します! 

 

できそこないの魔獣錬磨師 (富士見ファンタジア文庫)

できそこないの魔獣錬磨師 (富士見ファンタジア文庫)

 

○できそこないの魔獣錬磨師 見波タクミ 【15上期ラノベ投票/9784040704784】

 モンスターファームと私の中で一躍話題に。や、普通におもしろいんですよ。

 天使やドラゴンなどの強いモンスターがいる中、最弱と評されるスライムで勝利をもぎ取るために執念でもって突き進むお話。熱血モノとはこういうもんだと久々に感じた作品でした。1巻のドラゴン戦も厳しい戦いでしたが、2巻で少し触れた天使の力は無理じゃねぇこれ……と思うほどの絶望的な差が垣間見えましたが、いずれ戦って勝ってくれるのでは?と思える主人公と相棒の熱さがあるので楽しみです。

 ジナちゃん、境遇とかあれやこれやあって一番レインとくっついてほしいのですね……。

 

にっちもさっちも恋愛許可証 (一迅社文庫)

にっちもさっちも恋愛許可証 (一迅社文庫)

 

○にっちもさっちも恋愛許可証  和巳奈純 【15上期ラノベ投票/9784758047142】

  もう他には何も言うまい、ドタバタラブコメっていうのはこういうのを言うんだよ!!!あ、人におすすめはしません。

 

紅霞後宮物語 (富士見L文庫)

紅霞後宮物語 (富士見L文庫)

 

 ○紅霞後宮物語 雪村花菜 【15上期ラノベ投票/9784040706269】

  こう連れ添った男女の仲って素晴らしいですよね。いや、エロスではなく限りなくフィーリアとかアガペーの概念に近い関係だと思うですよ。作中でも致すことは嫌ではないけどふたりとももうそういう関係は過ぎ去ったというか子供も別に……みたいな関係であるから。

 続きがあるかわからないけど、とてもこの関係の先を見ていたいと思えた作品。

 

銃皇無尽のファフニール8 アメジスト・リバース (講談社ラノベ文庫)

銃皇無尽のファフニール8 アメジスト・リバース (講談社ラノベ文庫)

 

アメジスト・リバース ツカサ 【15上期ラノベ投票/9784063814538】

  

 

○CtG ─ゼロから育てる電脳少女─(2) 玩具堂 【15上期ラノベ投票/9784041022016】

 

レオ・アッティール伝I 首なし公の肖像 杉原智則 【15上期ラノベ投票/9784048651967】

 

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です! 竜ノ湖太郎 【15上期ラノベ投票/9784041020074】

 

ひとりで生きるもん!(2) およめ券のその後 暁雪 【15上期ラノベ投票/9784040673998】

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア(4) 大森藤ノ 【15上期ラノベ投票/9784797383126】

 

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンVII 宇野朴人 【15上期ラノベ投票/9784048693363】

銃皇無尽のファフニール9 セルリアン・エンゲージ

ライトノベル 講談社ラノベ文庫


◯感想
簡単に言えば、8巻でイリスを始め、周囲のDを見染めた悠の正体とは……!?そして、彼自身と見染められた彼女たちの覚悟を問う巻だったのではないでしょうか。

ようやく最初の頃から張り巡らしてきた伏線が機能してきましたね!「ノイン」の意味、緑のユグドラシルが悠を支配しようとしていた意味、そして男の悠が何故Dであるのか?などなど。
この辺りが全て1点に収束したときはとても興奮しました。ライトノベルの流行だった「女にしかできないはずの異能などを唯一男が使える」という設定にうまく埋没していたからなのも一役かってたのかもしれない。

そして、悠が見染めたイリスを始めとした各ヒロインが悠の"つがい"になるか否かの覚悟を問う流れは悠と彼女らの関係が、積み重ねてきたものが見え隠れしていて素晴らしいと思いました。美味しい。
悠が彼女たちの変化に責任を負うだけなのではない、一緒に責任を背負うのだと、それが嬉しいのだと告白してくれる強さは悠を安心させ、一つステップが上がったかなと感じました。

しかし何故全員風呂なんだ……いや大変美味しかったけど!美味しいかったけど!シリアスさん行かないでー!

あとこれ



ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8巻

GA文庫 ライトノベル

 

 

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)

○あらすじ
要編集
 
○感想
劇場版と噂の7巻のドタバタも済み、ヘスティアファミリア各々の幕間のお話.....にしてはちょっと太いんじゃないんですかねぇ!?(歓喜
 
それはさておき、多少物語は進みますがおおよそ短編集と言った感じでしょう。主テーマは「愛」。命、リリ、ヴェルフ、ベルの各々の淡い、苦い、強い想いが描き出されていて、カップリング厨としましてはとてもウキウキしながら読み進められました。個人的にはヴェルフの話が一押し。普段キリッとした人が気を許したホームでは惚気前回のデレデレしてる様が大好物なので。
 
しかしよくよく考えたらこれ、神と人は親と子の関係なのだから命などはこう、うさぎドロップ的なサムシングを感じるんですよね.....めっちゃ好き......。
 

あとはこれ。もうほんとだめ。
 
 

 

 

 

好きなライトノベルを投票しよう!! 2014年上期 エントリ

雑記 ライトノベル

 さて、好きラノの時期ですね。

 ギリギリの投票になってしまったので、感想などはまた今度修正します。

 

◯グラウスタンディア皇国物語(2) /内堀優一

グラウスタンディア皇国物語2 (HJ文庫)

グラウスタンディア皇国物語2 (HJ文庫)

 

 【14上期ラノベ投票/9784798607689】

 

 

問題児たちが異世界から来るそうですよ? そして、兎は煉獄へ /竜ノ湖太郎 

 【14上期ラノベ投票/9784041012956】

 

 

◯ストレンジ・エッジ 異界の剣士と孤独の魔女/椿博太

ストレンジ・エッジ 異界の剣士と孤独の魔女 (講談社ラノベ文庫)

ストレンジ・エッジ 異界の剣士と孤独の魔女 (講談社ラノベ文庫)

 

 【14上期ラノベ投票/9784063753448】

 

 

◯王手桂香取り! /青葉優一

王手桂香取り!  (電撃文庫)

王手桂香取り! (電撃文庫)

 

 【14上期ラノベ投票/9784048663175】

 

 

東京レイヴンズ(11) change:unchange/あざの耕平

 【14上期ラノベ投票/9784040700878】

 

 

◯蒼井葉留の正しい日本語/竹岡葉月

蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)

蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)

 

 【14上期ラノベ投票/9784040701158】

 

 

◯すずみんは肉食系火竜(3)/西野吾郎

すずみんは肉食系火竜(3) (ファミ通文庫)

すずみんは肉食系火竜(3) (ファミ通文庫)

 

 【14上期ラノベ投票/9784047294028】

 

 

◯覇剣の皇姫アルティーナVI/むらさきゆきや

 【14上期ラノベ投票/9784047297302】

 

 

◯ナイツ&マジック(4)/天酒之瓢

ナイツ&マジック 4 (ヒーロー文庫)

ナイツ&マジック 4 (ヒーロー文庫)

 

 【14上期ラノベ投票/9784072963487】

 

 

◯東京スピリット・イエーガー 異世界の幻獣、覚醒の狩人/大泉貴

 【14上期ラノベ投票/9784800221902】

 

 

 

 うむむ、選んでたら10作品以下になって仕方なくみたいな選考になったのつらい。ラノツイの具体例のままになりそうだったので、ちょこちょこ変えつつこんなかんじで。

王手桂香取り!

電撃文庫 ライトノベル

 

 

 

王手桂香取り!  (電撃文庫)

王手桂香取り! (電撃文庫)

 

 

 

 

あらすじ

上条歩。中学一年。三度の飯より将棋好き。ひそかに憧れる人は将棋クラブの主将、大橋桂香先輩。そんな歩のもとに突如美少女たちが現れる。「私たちは、将棋の駒だ」そう言い放つ彼女たちは駒の化身だという。人知を超えた将棋の強さをそなえる彼女たちの指導のもと、歩は棋力をめきめき上げていく。折しも団体戦の大会が間近に控えており、歩は桂香先輩とともにライバルを打倒し、頂点を目指すべく奮闘する。第20回電撃小説大賞・銀賞受賞、駒娘たちと送る熱い勝負とさわやかドラマの将棋青春ストーリー!
 
感想
 
続きを読む

好きなライトノベルを投票しよう!! 2013年下期

雑記 ライトノベル

投票がほんとうにぎりぎりになってしまいましたが、今年も好きラノへの投票エントリです。ら、ラノツイの記事はリアル事情片付けてからで許してください……吐血

 

さて、今は作品だけ置いておきます。また後日に軽い感想入れます。(3月1日現在)

 

作品一覧

 

安達としまむら

 【13下期ラノベ投票/9784048919609】

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(8)

【13下期ラノベ投票/9784094514513】

 

◯ギルティブラック&レッド2 1,000,001 Sin and Punishment 

 【13下期ラノベ投票/9784829139356】

 

東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE

 【13下期ラノベ投票/9784047129115】

 

◯スカイ・ワールド6

 【13下期ラノベ投票/9784047129733】

 

◯グランクレスト戦記2 常闇の城主、人狼の女王

 【13下期ラノベ投票/9784047129788】

 

◯浮遊学園のアリス&シャーリー(2) 

浮遊学園のアリス&シャーリー2 (オーバーラップ文庫)

浮遊学園のアリス&シャーリー2 (オーバーラップ文庫)

 

 【13下期ラノベ投票/9784906866359】

 

◯ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンIV 

 【13下期ラノベ投票/9784048919067】

 

◯森羅万象を統べる者IV 〝万物の使用者〟

森羅万象を統べる者IV ?万物の使用者? (MF文庫J)

森羅万象を統べる者IV ?万物の使用者? (MF文庫J)

 

 【13下期ラノベ投票/9784040660332】

 

◯覇剣の皇姫アルティーナIV 

 【13下期ラノベ投票/9784047292147】

 

 総括

今回はわりと有名所ばかりな感じがしてどうにもラノベ読み特有のプライド=天邪鬼(偏見)がビシバシと反応している所存です。ようするに投票できるだけ読めてないってことですから、次は満足できるようなラインナップにしたいもんです。

 

 

グランクレスト・リプレイ ライブファンタジア 「天災魔法師と竜を駆ける姫君」  感想

ライトノベル 冨士見ドラゴンブック TRPG

 

 

あらすじ

反逆の汚名を負った姫の前に、記憶喪失の魔法士が現れた。彼女は仲間とともに王城奪還を目指す。賀東招二深見真石踏一榮深遊――ファンタジア文庫のクリエイターたちが奔放にキャラを作り、遊ぶ絢爛リプレイ!

 

続きを読む

2013年読了まとめ+総括

ライトノベル 雑記
新年あけましておめでとうございます。
どうもお久しぶりです。ルイスです。え?知らないって?またまたぁ……すみません。前回の更新が9月みたいなので、4ヶ月くらい更新してなかったわけで……ぐぬぬ。
続きを読む

ナイツ&マジック3 感想

ライトノベル ヒーロー文庫

 

ナイツ&マジック 3 (ヒーロー文庫)

ナイツ&マジック 3 (ヒーロー文庫)

 

 ◯あらすじ

大人気ロボットファンタジーの第3弾。今回も新型機が続々登場! エルの暴走が止まることを知らない! 

 

異世界の記憶を持つ少年エルネスティは、ロボット好きという趣味が高じるあまり、新型幻晶騎士テレスターレを生み出した。

彼の身を案じた国王アンブロシウスは、彼の護衛として、またその力を生かすために銀鳳騎士団の結成を命じた。

騎士団を率い、エルネスティは今日も元気に暴走する。

作り上げる新型機は、もはや人型ですらない半人半馬の異形の騎士。さらには新型推進器まで開発し、挙句空まで吹っ飛ぶ始末。

どこまでも止まらない彼の爆走は、やがてフレメヴィーラ王国全土へと大きな変化を与えてゆく。

そんな折、アンブロシウスは彼と交わした、とある約束を果たす決意を下していた。

自身が求める最大の秘密を前にして、エルネスティは期待に胸を高鳴らせる。

しかし同時に、彼は衝撃の事実を告げられた。「秘密を守る隠れ里に、大きな危機が迫っている」と――。

 

◯引用

「これくらいやれば、国機研(ラボ)の方々の度肝を抜くこともできると思いますし」

「度肝どころか、頭に血が上りすぎるか心臓破裂して死ぬんじゃねぇか? 百……千、いや万歩譲って『馬』はいいとしようや。逆にだ、なぜ『上半身』をつけた!?」

(中略)

「なぜつけたのか。それは……かっこいいからです!」

「まさか、本気でそいつが理由なのかよ!?」 

 

◯感想

 「エルネスティ、枷が外れて暴走するの巻」というのが今巻を表す一番の言葉だと思います。短く言えば「やりたい放題」。あんなことがあったというのに、休むまもなく半月程度で「新しい奴作ろうぜ!設計図は既に出来てる!前作の反省点から~」と言い出す主人公は作家になれば速筆なんじゃないですかね(ゲス顔

 それはともかく、冒頭の夢で作れなかったプラモデルのシーンがありましたが、結局この主人公を突き動かす最大の情熱はそれに対する「無念」や「後悔」が原点にあるような気がします。もっともっとその辺を掘り下げればまた別の味わいの作品になったかもしれません。それは置いて、エルの言葉の端々には自分が「ロボットに乗りたい」という憧れもさることながら、自分で「ロボットを作りたい」という気持ちの方が強く出ているように見えます……単に幻晶騎士の制作に対する描写が多いからそう感じているだけの可能性も否めませんが。

 しかして、それのために生まれ変わった十数年間もの時間と労力を惜しまないエルネスティの姿は「趣味人」と称して足りない、「狂人」と言い換えても差し支えないほどに紙一重な思考なのがこの作品の肝、なんでしょうね。様々な障害があっても彼の発想で乗り越える。清々しいほどに予定調和なのですが、故に読んでいて安心できます。どんな危機的状況でもエルならどうにかするだろ、と。むしろ今度はどんな無茶するんです?という期待が来ます。そういうワクワク大好きです。

 

 で、一番最後のシーンに挿絵がないのは何故ですか?正直エムリスの口絵とかいらないから最後の機体の絵を見せてー!あ、今回も黒銀さんのメカデザインは素晴らしかったです。このまま続けばナイツ&マジックのACかスパロボみたいなゲームできるんじゃないですか?だから、あれのデザイン見せてくれー!!